綺麗な歯になる

歯科器具

 従来、私たちにとっての「歯科医院」とは、歯が悪くなった時に治療をうけるものだけでした。「痛くなったら・症状がひどくなったら」通うものであり、症状がない場合に歯医者を訪れることは、皆無に近かったものです。しかし今日では、歯がもたらす様々な影響が解明され、重要なものだと認識されてきたのです。  近年、多くの方が「歯」への意識を高め、積極的にオーラルケアにとり組むようになっています。このような中、「歯科医」が予防医療的な役目をもつものとして重要な位置を占めてきました。  もはや、「歯」が悪くなったから歯医者に行くという考えは、少数になっていきました。様々な口中トラブルを防ぎ、歯を健康に美しく保つために「歯医者」へ通うのです。「歯」への意識が高まる中、「美しい歯・健康な歯」を望む方が増えてきたのです。

 「美しい歯・健康な歯」を手に入れたいと望む方の増加は、歯科医療現場でも変化をもたらしてきました。審美的な側面重視する「審美歯科」が、増加してきたのです。  「審美歯科」では、美しい歯を手に入れるために様々な治療を行ないます。歯のクリーニングから、今日普及してきた「ホワイトニング」、歯並び等を改善します。この「審美歯科」は、見た目を美しくするだけではありません。1人1人の歯の状態を確認し、あらゆる側面からの治療を提案します。そして、「美しい歯・美しい口元」を作ることが目的です。美しさだけを求めているのではなく、歯の機能を改善することも行なっているのです。  「美しい歯、美しい口元」であることは、1つのステータスでもあります。また今日では、あらゆる場面に置いて必要不可欠なものになってきました。「審美歯科」治療を受ける方が増加し、更に普及すると考えられています。