賃貸マンションが借りられないときってどんなときなの?

賃貸マンションが借りられないときってどんなときなの?

マンション

信用情報の存在

横浜でも東京でも賃貸マンションを借りるときは、審査を通過しなければ契約することができません。しかし、ほとんどの人が審査は通るだろうと思っているでしょう。ですが、中には審査が通らないことがあります。それは、信用情報の存在が影響しています。信用情報には、これまでの金銭に関わる各個人の情報が提供されてます。例えば、借金や携帯電話の料金の滞納、過去に住んでいた家賃の滞納などです。これらの情報がある場合、審査が通らないことがあるので気を付けましょう。

メンズ

収入に見合った家賃ではない

賃貸マンションを契約するときは、月々の家賃を支払う能力があるかどうかを確認されます。一般的に給料の3分の1の金額が家賃だといわれており、月15万円の給料なら5万円の家賃のところが適しているということです。しかし、人によっては良い部屋に住みたいと給料に見合っていない家賃のところを契約しようとする人がいます。そういった場合、貸す側からすれば十分な貯金がない限り、審査を通過することができないでしょう。

賃貸マンションと中古マンションの購入はどっちがお得?

引っ越す予定が無ければ中古マンションの購入がお得

賃貸マンションであれば、月々の家賃がいるので5万円の家賃だと1年で60万円かかります。ずっと住み続けたい、引っ越す予定がないというのなら、毎年60万円かかるので中古マンションを購入したほうがお得になる場合があります。よく考えて計算してどちらがいいのか見極めたほうがよいでしょう。

住宅ローンの支払いが家賃代わりになる

中古マンションを購入する場合、住宅ローンを組むこともあるでしょう。その場合、賃貸マンションの家賃と同じぐらいの金額を支払い終わるまで月々必要になります。もし、途中で仕事などの関係で引っ越さなければいけないとなったら、住んでいないのに支払い続けることになります。しかし、賃貸マンションなら引っ越しが終われば、支払う必要がなくなります。

広告募集中