短期間の滞在なら…

仕事などの関係で年単位ではなく数カ月のみ、特定の場所で滞在しなければいけないことがあります。そうなるとホテル暮らしにするのか、賃貸物件を借りるのか…と悩むでしょう。しかし、一番おすすめなのは、マンスリーマンションを利用することです。マンスリーマンションなら、費用を抑えて滞在することができます。

通常の賃貸物件と何が違うの?マンスリーマンションの特徴とは?

月単位での契約になるので、面倒な手続きがない

通常の賃貸物件であれば、不動産会社へ行って物件探し、審査、契約という流れになります。そのため、入居までに時間がかかります。しかし、マンスリーマンションなら月単位での契約になるので、面倒な手続きがないといわれています。

家具などの生活に必要なアイテムが揃っている

本来、賃貸物件であれば何もない状態で借りることが大半です。しかし、マンスリーマンションのほとんどは、家具や家電などの生活に必要なものが揃っています。そのため、衣類だけ持って行くだけでも生活を始められるように環境が整っています。

マンスリーマンションは上手く活用すると通常の賃貸より安い

積み木

おしゃれな部屋もある

マンスリーマンションの中には、デザイナーズマンションのようなおしゃれな部屋もあります。短期間だからこそ住める部屋でもあるので、マンスリーマンションを利用するのならおしゃれな部屋を探してみるのもいいかもしれません。ネットなどで物件情報を確認できるので、遠方からであってもどんな部屋なのか確認した上で決めるのもおすすめです。

女性

期間によっては高くなる

マンスリーマンションは、月単位で借りることになるので通常の賃貸物件よりも費用を抑えられます。しかし、滞在する期間が半年以上になる場合、費用が高くなることがあります。そのため、滞在する期間に合わせてどれほどの費用がかかるのか計算した上で契約することをおすすめします。不動産会社に相談すれば、どれぐらいの費用がかかるのか教えてもらえます。

[PR]
月島で賃貸選びを成功させよう
基礎的な知識を厳選公開

マンスリーマンションの気になる疑問点を集めてみた

インテリア

ホテルよりも安くなるって本当?

ホテルは、1日の宿泊料が滞在期間中ずっと発生するので、激安のホテル以外だと高くなります。例えば、1泊3000円なら30日(一カ月)滞在すると90000円かかります。しかし、マンスリーマンションなら通常の賃貸物件のように月々の家賃になるので90000円以下のところが大半です。

壁が薄いっていうのは本当ですか?

壁が薄いというのはあくまでも噂です。マンスリーマンションでもしっかりとした作りになっています。他の賃貸物件でもあるように、多少の生活音が聞こえるというのはあるかもしれませんが、隣人が話している声がクリアに聞こえるというのはほとんどありません。

付属の家具や家電を壊したらどうなる?

マンスリーマンションによっては、家財保険に入っていると保険で補償される範囲なら弁償になることはありません。しかし、補償されない、保険に入っていないとなれば、弁償または買取になって引取らなければいけません。

単身赴任専用のところがあるって聞きましたが?

最近は増えてきています。単身赴任用のマンスリーマンションなので、体の健康管理を行ないやすくするために食堂がある場合もあります。こういったところなら、食事に困りませんので単身赴任でも体の管理を行ないながら生活を送りやすくできるでしょう。

[PR]
豊洲で賃貸を探しているなら必見!
物件選びのコツを解説☆

[PR]
大阪にあるデザイナーズマンションが好評?
ペット可も揃っている!

[PR]
勝どきエリアの賃貸を多数紹介
物件選びを成功させよう

広告募集中